高橋春男法律事務所,仙台市,弁護士,不倫,慰謝料,離婚,離婚調停,協議離婚,DV相談,無料相談,費用

高橋春男法律事務所
ご相談は気軽にお問い合わせください。
022-223-8244お問い合わせ

相談例/男女関係のもつれ

男女間のトラブルでお困りなら、“法律”で解決しましょう。

昨今、離婚をはじめ、異性間のトラブルが増加傾向にあります。こちらのページでは、代表的な離婚原因であるDV(配偶者等からの暴力及び暴言)と、不倫について取り上げます。また、いわゆるストーカー(つきまとい行為)による被害も男女間トラブルの一種ですので、ストーカー被害を受けている方も是非ご相談ください。

男女間のトラブル

離婚・男女関係

DV
あなたのお悩みに寄り添い、適切な解決方法を探します。
離婚・男女関係

DVが直接的または主要な原因となる離婚は増加しています。DVは家庭内で行われるため第三者からは分かりにくいという特徴があり、特に身体的暴力ではなく、相手の人格を否定するような暴言によるDVは証明が困難です。DVを行っている人が外ではむしろ紳士的であることもめずらしくありません。しかし、最近ではDVに関する知見が広まり、裁判所や弁護士も知識と経験を蓄積しています。DVで困っている方は、「他人には理解されないのではないか」と考えず、まずは相談してみてください。

DV被害を受けている方へ
DVの被害が継続している場合は、その状況から逃げる必要があります。まずは、何よりも身の安全を優先してください。そのためには、相手に居場所を知られないようにすることが大事です。
まず避難!そして相談を!!
不倫
不倫の確かな事実を掴めれば、損害賠償を請求できます。
離婚・男女関係

不倫は、離婚原因の代表です。不倫の事実があれば配偶者に対する貞操義務違反となり、裁判上の離婚が認められるとともに、不倫をした配偶者に対して損害賠償(慰謝料)を請求することができます。
また、相手に配偶者がいることを知りながら不倫をした者に対しても、不法行為による損害賠償の請求が可能です。配偶者の不倫でお悩みの方は、男女関係のトラブルに強い当事務所にご相談ください。

確かな証拠が大事です!

不倫・離婚・慰謝料関係の相談事例

不倫による慰謝料請求

訴訟の争点となるのは、“不倫の事実を認めているか”。
近年、夫婦の一方が、夫または妻との不倫を理由として相手の男性または女性に対し、慰謝料を請求するケースが増えています。相手と同時に不倫をした夫または妻自身を訴えるかどうかはそれぞれです。

このタイプの事例で最も重要なのは、不倫の相手が事実を認めているかどうかです。相手が不倫の事実を認めていれば、慰謝料の額を決めれば良いので、支払うお金が相手にないという問題を除けばさほど難しくありません。どれくらいの慰謝料額が妥当かはケース・バイ・ケースなので一概には言えませんが、相手が事実を認めている場合の多くは裁判外の示談交渉で解決しています。しかし、問題となるのは、相手が不倫の事実を否定している場合です。このケースでは、裁判手続きによって解決されることがほとんどです。

事例1不倫相手に慰謝料請求訴訟を起こして勝訴した事例

メールの内容
男女関係を立証するには、密室で過ごした事実が必要です。
一般的に、夫婦ではない男女が自宅の寝室やホテルの一室で長時間2人だけで一緒にいたことが証明されれば、両者は男女関係にあったと推定されます。「仕事の相手と仕事場や自宅で長時間一緒にいた」という場合は状況次第ですが、そのようなことが頻繁にあったのなら、男女関係にあると言えるでしょう。

この事例は、妻の不倫を理由に離婚した夫が不倫相手の男性に慰謝料請求訴訟を起こして勝訴した事例です。当初、相手は不倫の事実を否定し、慰謝料の支払いを拒否しました。そこで、依頼人がたまたま保存していた元妻の携帯電話の履歴から、両者のメールのやりとりを証拠として提出しました。メールの内容は不倫関係を直接裏付けるものではありませんが、両者の親密な関係を証明するには十分です。このメールの内容が決め手となり、依頼人は一審で勝訴し、相手から百数十万円の慰謝料を受け取ることができました。

類似事例
別居中の妻が借りていた家で相手の男性と不倫行為に及んでいた現場を取り押さえ、相手に約束事(念書)を書かせたが約束を守らなかったため、慰謝料請求訴訟を起こした事例もあります。相手は当初不倫の事実を否定して、「元妻の相談にのっていただけだ」と主張しました。しかし、裁判中に不倫を認めたので、和解することができました。

事例2男女関係がないのに慰謝料を請求された事例

状況や場合によっては、“灰色的”な解決になることも。
事例2では、事例1に記載したポイントの理屈に基づき、不倫関係だったと推定されることから、裁判になった場合のリスクを回避するために示談による解決を選択しました。この事例からも分かるとおり、男女関係をめぐる紛争の解決は白か黒だけではなく、灰色的な解決を模索する場合もあります。

20代の独身女性が会社の同僚(先輩)である男性社員から個人的な相談を受けた流れでモーテルの部屋に一緒にいたため、男性の妻から慰謝料を請求された事例です。依頼人の女性は男性社員との男女関係を否定し、「モーテルの部屋では話をしていただけ」と述べましたが、軽率な行動であったことは認めました。私は、「私はあなたの話を信用するが、相手から訴訟を起こされた場合、不倫関係が認められる可能性が高い」と説明し、裁判外の示談で慰謝料額を減額してもらいました。

Pagetop
ご相談は気軽にお問い合わせください。
022-223-8244