相談例/交通事故 | 仙台で交通事故による訴訟、民事調停、保険会社との交渉代行・相談は高橋春男法律事務所

高橋春男法律事務所
ご相談は気軽にお問い合わせください。
022-223-8244お問い合わせ

相談例/交通事故

交通事故という悲劇に遭遇したあなたを
全面的にサポートします。

毎日のように発生する交通事故。人身事故を起こしてしまうと、被害者にとっても加害者にとっても悲劇になります。こちらのページでは、交通事故にあって被害者の生命・身体が損傷したとき、加害者に損害賠償を請求する際の手続きの概要を説明します。

交通事故

交通事故

加害者が任意保険に加入している場合

請求手続き CASE1加害者が任意保険に加入している場合

加害者が保険会社と任意の自動車損害賠償保険(いわゆる任意保険)契約を締結している場合は、その保険会社の担当者が示談交渉を代行するため、被害者は保険会社に対して損害賠償請求をすることになります。
なお、加害者が自賠責保険のみで任意保険に加入していない場合は特別な問題がありますが、まず弁護士に相談して説明を受けることをおすすめします。

相手は慣れています。まずは弁護士に相談を!
交通事故で身体に障害を負った場合

請求手続き CASE2交通事故で身体に障害を負った場合

身体に傷害を負った事故の場合、示談交渉は原則として治療が終了し、症状固定となった後に行います。症状固定後に後遺症があるときは、担当医師の後遺障害診断書に基づき、自賠責保険の後遺障害等級事前認定を受けて示談交渉を行うのが原則です。

せっかくケガが治ってもまだいろいろな手続があります。
保険会社との交渉で解決しない場合

請求手続き CASE3保険会社との交渉で解決しない場合

保険会社との任意交渉で解決しない場合、裁判所に民事調停や民事訴訟を提起する方法のほか、日弁連交通事故相談センターに示談あっせん手続きを申し立てる方法もあります。日弁連交通事故相談センターの事務局は仙台弁護士会内に設けられています。保険会社との交渉を弁護士に依頼するメリットについては、相談事例を参照してください。

難航したらまずは弁護士へ。
提示金額に不満があれば弁護士に相談を
弁護士に相談を

弁護士が代理人として示談交渉しても保険会社から満足できる回答がもらえない場合、訴訟または民事調停という通常の手続き以外に、「日弁連交通事故示談あっせん」「交通事故紛争処理センター」といった別の対応を取れることが交通事故事件の特徴です。もしも、示談交渉で保険会社が提示する金額に少しでも不満があれば、迷うことなく弁護士に相談してください。決して悪い結果にはならないはずです。
なお、加害者が任意保険に加入していない場合、自賠責保険によって補填される損害を超える部分は加害者本人に請求せざるをえないためにその資力が問題になります。当事務所では、ケース・バイ・ケースでご相談に応じています。

そんな時こそご相談ください。

交通事故の相談事例

事例損害保険会社との折り合いがつかない

交通事故
自分一人で抱え込まず、まずは弁護士に相談を。
弁護士は、それぞれの事案に応じて適切な紛争解決方法を選択します。交通事故にあわれて困っている方は、高橋春男法律事務所へご相談ください。

歩行中に交通事故にあったAさんは、片足を切断するなどの重傷を負って後遺症が出たため、車いす生活を余儀なくされました。車いす生活に必要な自宅改造費用や将来の逸失利益の金額などで任意保険の損害保険会社と交渉しましたが、折り合いがつかずに困っていました。

解決方法
Aさんのように身体の損傷が重大で後遺障害の等級認定が必要な事案や、被害者が死亡した事案では、保険会社との任意交渉の段階から弁護士に依頼することをおすすめします。なぜなら、保険会社は被害者本人と比べて交通事故に関する知識が豊富であり、被害者に弁護士の代理人がついていない場合は、保険会社の提示する損害額が相対的に低くなる傾向があるからです。また、損害減額事由として過失相殺が問題となる事案や、逸失利益計算における労働能力喪失率・喪失期間で争っている事案なども、専門的知識をもった弁護士に交渉を依頼するのが適正な解決の近道です。
Pagetop
ご相談は気軽にお問い合わせください。
022-223-8244